1000days challenge

1000日間でどこまで変われるかの挑戦です。毎日更新を心がけています。

235日目 お片づけ

「最大の望み」

 

 

 

昨日の埃騒動の後、家中チェックしましたが、これ以上の隠し通気口とかはなさそうです。よかった。お風呂は室内とだったからいいですけど、知らないうちに外と繋がってたりしたら、これからの季節、虫なんか怖いですもんね。

 

 

安心した所で、今日は「理想の暮らし」について考えてみました。

思い起こしてみると、前回やった時は結構苦戦した覚えがあります。

 

勉強や仕事と違って、生活って「気づいたらこうなっていた」というものじゃないですか?私にとっては、暮らしとは「目標ありきで、そこに向かって計画的に行動を積み上げる」みたいなものではなかったので、目標を定めるのが難しかったんですよね。

 

でも、「スッキリした部屋で暮らしたい」みたいな漠然とした目標では弱い、という事だったので、頭をひねって考えましたよ。写真や絵でもいいという事でしたので、おしゃれなインテリアの画像をいっぱい見てイメージを膨らませてから取りかかりました。

 

今回もインテリア画像を探そうかと思ったんですが、それじゃあ前回と変わらないし…と思っていたところ、ある方のブログに出会いました。理想の暮らしについて考えるためのヒントについて書かれていたのですが、心に刺さる一言が。

 

 

それは、「『最大の望み』だけが目的で、それ以外の望みは手段」という言葉。

もう、目からウロコといいますか、それだー!という感覚になりました。

 

理想の暮らしについて考える、となると、アレもいいコレもいいと浮かんでくるけれど、最大の望みをハッキリさせておかないと、その他の望みに引きずられたり、他人の影響を受けたりしてブレてしまう、手段が目的になってしまう、という話でした。

 

例えるのなら多分、子どものためにと教育に力を入れたんだけど、習い事を増やしすぎて潰れてしまう、みたいな感じでしょうか。

 

でもそう考えてみると分かります。私のブログを読んでくださっている方は、私の迷走っぷりもご存知ですよね…そうか…手段が目的になっていたのか…

 

本家トキメキのお片づけでも確か、思いついた理想の暮らしに、どうしてそう思うのかと突っ込みなさいと書いてありました。ポコポコ浮かぶ「手段」たちを通して「目的」となる「最大の望み」をはっきりさせなさいという事だったんですね。ようやく理解できました…

 

 

私の最大の望み…なんだろう…