1000days challenge

1000日間でどこまで変われるかの挑戦です。毎日更新を心がけています。

48日目

「いつでも着られる服」って何だろう、と考えた時に、パッと思いついたのはデニムでした。これは春夏秋冬いつ履いててもおかしくないですもんね!これだ。やっぱり当初の予定通り、デニムを一本買おう。

 

で、じゃあ他には、と考えたんですが、何も思いつかず

結局ネットに頼って調べました。

 

 

「いつでも着られる服」で検索したんですけど、そうしたらミニマリストのブログがどんどんヒットするんですよ。ファッション誌の特集とかじゃないんですね。えー意外ー、と思ったけれど、よく考えたらファッション誌なんてそれこそ、毎月毎月そのシーズンの最新のものを紹介しているんだし、いつでも着られる服なんか載せないか。

 

ということは、今回ファッション誌のサイトは参考にならないんだな、と思い、いっぱい出てきたミニマリストのサイトを試しにいくつか読んでみました。そこで挙げているオールシーズン服で多いのは、無地の半袖Tシャツ、白の長袖シャツ、デニムももちろんありましたし、あとはコットンパンツ、女性だとワンピースという印象です。

 

半袖のTシャツなんて、秋冬着る?と思いますが、何かのインナーにするみたいですね。だから色柄が浮かないように無地の白がいいみたいです。逆に長袖シャツは夏どうするかというと、袖をまくったり、カーディガンのように羽織り、肩掛けするそうですよ。

 

なるほど重ね着が大前提なんですね。んん〜〜。

 

以前にも書いた気がしますが、重ね着苦手なんですよ〜。二の腕が太いので、重ねるほどにむっっちりしていくんですね〜。1枚でスッキリ着たいのですが、そうするとオールシーズン着る、というのはトップスでは無理かも。まあミニマリスト目指してないので、そこまでシビアに着まわしできなくてもいいか

 

けれど、これから服を買う時に「何シーズン着れそうか」という指標は持っていきたいと思います。先に出てきた「オールシーズン服」、何着か持ってる物もあるんです。白Tとか。じゃあなぜ私の白Tがオールシーズン出てこないかというと、盛夏に照準を絞った白Tだからです。例えジャケットやパーカーを重ねたとしても、誰がどうみても「今その素材は寒いでしょ」というのが一目瞭然のペラリ感。夏はいいんですよ。その素材感がいかにも涼しげで。実際この夏は、制服レベルで着てましたし。

 

半袖服を冬にも着る、という発想はなかったですが、もしもう少ししっかりした生地の白Tだったら、ちょっと暖かい日なんかにパーカーの下に着てみよっかな?くらいには思ったかもしれません。可能性は多いに越したことないですから。

 

少なくとも、「今着る!」だけで服を買わないようにします。