1000days challenge

1000日間でどこまで変われるかの挑戦です。毎日更新を心がけています。

111日目 掃除

レッツお掃除

 

今日はお風呂の水垢取りにチャレンジしました。

 

家を片付けてちょっとスッキリしたら、掃除が捗るようになりました。

それで、今までは見て見ぬフリができていた所が、いよいよ放置していられなくなってきたんですね。

 

その代表格がお風呂。

特に白い水垢です。

ヌメリや初期のカビなんかと違って、気づいた時にはもう取りにくいんですよね。

 

我が家は鏡や蛇口など、光るところは比較的落としやすくて、普通のお風呂洗剤とスポンジでゴシゴシすると落ちるんです。

多分、そういうお手入れしやすい素材でできているんだと思います。

 

浴槽やその周りの壁も白くてツルツルなので、多少ザラつく所はありますが、見た目にはさほど気になりません。

 

問題は鏡の付いている1番広い壁面。ここがオシャレに1枚だけ色が違うんですよ。

自分たちで選んだのではなく、元々こうだったので、建築業者さん?が気を利かせてオサレに作ってくれたのでしょうが、掃除という点では裏目です。

 

濃いブラウンなので、白い水垢は目立つんですよ。

いや、オシャレなお風呂を維持できない私が悪いんですけどね…

 

 

家にあった酸性の洗剤をスプレーして、その上に液ダレ防止のキッチンペーパーを貼りました。30分以上放置して、その後ペーパーでこすり洗い。

 

f:id:challenge1000days:20210220190249j:plain
f:id:challenge1000days:20210220190313j:plain


掃除前(左)と後(右)を比べると、確かに落ちてはいます。

が、落ちてない所の方が多いような気もします。

 

この壁、ほんの少し凹凸があるんですよね。

細いボーダーが入っていて、そこが少し凹んでるんです。

それで、凹んだ部分の水垢が落ちてないんだと思います。

 

またもオシャレが裏目に…

 

 

ということで教訓は、『オシャレは小まめな手入れから』

 

オシャレマダムへの道は遠そうです。