1000days challenge

1000日間でどこまで変われるかの挑戦です。毎日更新を心がけています。

291日目 家事

失敗

 

 

整理収納の本や記事で、良さそうなアイデアを見つけては、ちょこちょこ真似しているのですが、失敗もあります。最近の失敗例は、洗濯機周りの吊り下げ収納です。

 

キッチンの布巾を上手く吊り下げられたので、調子に乗って、洗濯機にも吊り下げ収納を試みたのですが、これが失敗。いつも失敗例はなかった事にして葬っていましたが、これも1つのネタということで、今回は記しておきます。

 

 

実は以前から、洗濯の時に使うネットの収納に悩んでいました。

 

実家の母がそうだったので、私も洗濯物はほとんど何でもネットに入れる派。

毎日何枚も使うので、ワンアクションで出し入れしやすく、洗濯機から近い場所に置いておきたいと思っていました。

 

しかし、我が家はランドリーにオープン棚などがありません。戸棚の中に入れてしまうと、出し入れしにくいし、何よりちゃんと乾かない。そこで仕方なく、洗濯機にかけて乾かして、そのあとは紙袋を洗濯機の横に置いておき、そこへ入れていました。

 

 

不便ではないけど見栄えは悪いし、絶対もっといい方法があるはずだと思っていたら、やっぱり見つけました。

 

洗濯機の上に突っ張り棒をかけて、そこに網状のバックを吊り下げ、ネットを収納するという方法!収納しつつ乾燥もできて、なんと素晴らしいアイデア!!

 

早速真似しようと思ったのですが、うまくいきませんでした。

というのも、私、身長が低いんです。

私の手が届く高さにバックをかけると、洗濯物を出し入れする時に邪魔でした。

 

上はダメだなと思って、今度は横に目をつけました。

洗濯機の横に少し隙間があるので、洗濯機にマグネットのフックをかけて、そこにバックをかけてみました。

 

これは結構良かったんです。

洗濯ネットの問題が解決してよかった!とウキウキしたのですが、一瞬でした。

 

 

子どもが面白がって引っ張るので、ネットはばら撒かれマグネットは紛失。

儚い命でした。

 

 

便利な収納システムにも、対象年齢があるという事でした…