1000days challenge

1000日間でどこまで変われるかの挑戦です。毎日更新を心がけています。

270日目 雑記

お触り禁止2

 

 

「肌に触らない」というのを知ったのは、皮膚科のお医者さんが書かれた本を読んだ時でした。最初は「まぁ病院行くレベルの人は、そうでしょうね」と読み流したのですが、美容外科のお医者さんの本でも同じ事が書かれていて、アレ?となりました。

 

専門家が揃って同じ事を言ってるのなら、これが医学的に正しい方法なのでは?と思い、じゃあ試してみるか、と最初は半信半疑で始めました。

 

 

ただ実際は、触らないというより「ゴシゴシこすらない」というのが正確な表現です。

 

というのも、私どうしてもクレンジングとかは、肌に触らないでは落とせないんですよ。

特に今の時期は日焼け止めを塗ってますし、元々毛穴が詰まりやすい肌質なので。

 

肌質さえ合えば、クレンジング料を顔にのせて、汚れが浮くまで触らないで待つ、そして水で十分流す、というのが最高に理想形みたいですね。

 

なので、出来るだけそこに近づけるように、クレンジングは多めに出して、肌を撫でる感じでそーっと洗う。

洗顔はたっぷり泡だてて、顔に手のひらが触れないように、泡を動かして洗う。

化粧水もクリームも手のひらに伸ばして、ペタッと貼る感じでつける。

 

という感じです。

 

私の場合は、やったその日から変化を感じました。

プラスの変化は、肌の凸凹が少し治ったことです。毛穴が目立たない気がするな、と感じました。

 

うまく表現できないのですが、肌に光が当たった時に、その反射というか、光り具合で肌の凹凸が見えるじゃないですか。その凸凹が小さくなったのを感じます。

 

後は洗った直後の肌が白いです。ちょっと色白になります。一瞬ですけど。

 

いいこともあればマイナス変化ももちろんあって、肌がザラつきますね。やっぱり。

今まで、このザラザラを取ろうとしっかり擦ってたわけなので、やめれば当然そうなりますね。

 

ただ不思議なのは、手で触った感じはザラっとするのに、鏡で見た時はブツブツしてるわけじゃないんです。なので、迷いつつも「擦らない」を継続しています。

 

 

このまま続けてみて、どんどんブツブツしてくるのか、だんだん治っていくのか、ちょっと楽しみです。人体実験みたいですけど、自分の顔ならいいですよね。

 

万が一にも、トゥルントゥルンの美肌になったら、証拠写真を載せようと思います。

いつまでも写真が出てこない時は…お察しください…