1000days challenge

1000日間でどこまで変われるかの挑戦です。毎日更新を心がけています。

248日目 ワードローブ

必殺技を使う時がきたようです

 

 

理想のファッションスタイルに近づくには、ベーシック組を1から揃える必要がある。

それがようやく理解できたのはいいんですが、じゃあ何を買うの?という新たな問題に直面しています。

 

働いていた頃は、キレイ目=スーツ系のオフィス服だったのですが、今はそれもちょっと違う感じ。じゃあどうするかというと、その攻略法もちゃんと書いてありました。

 

靴に合わせて選ぶんだそうです。

この辺りは1度書いてました。それでデニム買ってましたね〜。分かってなかった。

 

言い訳をするのなら、あの時はこれから冬という時期で、寒くないようにフルレングスのボトムスが欲しかったんです。季節が悪かった、という事にしておきます。

 

 

しかし今度は失敗しないぞ!

 

まず、私が普段履いているのはスニーカーやサンダルといったフラットシューズ。

それらと相性のいいボトムスのうち、脚の弱点、腿の太さもカバーしてくれそうなキレイ目のデザインを選べばいいとわかっている!

 

つまりワイドパンツ!これだっ!

 

 

今までの私なら、ここで勇んでワイドパンツを2、3本買ってきたかもしれません。

が、今回は違います。

 

なぜなら「自分のファッションにこれといった軸がない、持ち服の型もバラバラ、という人は、単品ちょこちょこ買いをやめましょう」みたいに書いてありました。

お店の人にみてもらいながら、全身買いしなさい、と。

 

つまり、ベーシック組を1から揃えるためには、「手持ちのTシャツに合いそうなワイドパンツ」を複数買ったらいけないのですよ。

 

例え1枚ずつしか買えなくても、「品があって落ち着いた大人女性っぽく見えるタイプのワイドパンツ」と「それに合う品があって以下略なトップス」をセットで買ってくる!

 

こういう事ですよね?多分。

 

 

ということはいわゆる「マネキン買い」になるんですね。

マネキン買いって言うと、ちょっと恥ずかしい気もしますが、買い物とファッションのセンスがない人間には必殺技ですからね。今回はこの技に頼ることになりそうです。