1000days challenge

1000日間でどこまで変われるかの挑戦です。毎日更新を心がけています。

223日目 お片づけ

ホームセンター・ダンジョン

 

 

材料の買い出しにホームセンターに行ってきました!

 

 

まずはダボ。ネットでも調べたのですが、棚板用のダボにも形がいろいろあって、板が動かないようにツメが付いているものがあるんです。それもいいなと思ったのですが、そういうのって、大体ツメ付き2個と、ツメなし2個の4つで1セット。

 

我が家のクローゼットに空いている穴は、板1枚分に対して6個なんですよ。2個無視してもいいんだけど、強度が心配です。それと、ツメ付きにする場合は、板のサイズも、より正確さが求められます。数ミリ大きくても小さくてもはまらないですもんね。

 

そんなわけで、ツメなしの方を袋買いすることにしました。作ろうとしている板はサイズが大きくてそこそこ重いし、クローゼットには扉があるので、ツメがなくてもまずズレたりしないだろうと思います。

 

店頭には100個入りしかなかったので、結局ネットで注文することに。

さすがに100もいらないのですが、40個くらい必要なので、50個入りを買いました。

 

 

板も色々種類があったんですが、調べたところ、パイン集成材というのがいいみたいです。クローゼット内部は白いんですけど、ペイントはなしで。まずは作って使ってみて、色の違いが気になったら塗ればいいかな。

 

厚みは、固定で付いている板に合わせて18ミリにしました。あらかじめ計ったサイズで切ってもらったのですが、これが想像と違いました。

 

「板はホームセンターで切ってもらえますよ〜」と、ネットにもサラッと書いてあるので、「この板をこのサイズでお願いしま〜す」みたいに、気軽に注文できるものかと思ってました。プロがいい感じにカットしてくれるんだと。

 

お店によっても違うんでしょうが、私が行った所は、カットの図案を書いてくださいと言われまして、少々焦りました。幸い他に人がいなくて、店員さんが結構一緒に考えてくれたので、なんとかなりましたが…

 

店員さんの話では、元は同じ大きさの板でも、サイズの取り方で何枚の板ができるかが変わるんだそうです。あとは木目の方向を気にする場合とか、色々あるんだそう。板も高いですし、カットにもお金がかかりますもんね。想像がお気楽すぎでした。

 

 

慣れないお買い物も疲れましたが、1番大変だったのは板の運搬。18ミリの板はめちゃ重でした。買い物カートとエレベーターがなかったら死んでましたね。

 

f:id:challenge1000days:20210626211308j:plain

全部は並べられなかったので、ちょっとだけ

 

どっと疲れましたが、これで収納問題はかなり改善されるはず。

ダボが届き次第、レッツ設置です。